スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『Our Daily Bread』感想 

 未だに腹が立っているのでmixiに書いた日記をこちらにも載せる。

-----

2009年08月28日17:15

いのちの食べかた [DVD]いのちの食べかた [DVD]
(2008/11/29)
不明

商品詳細を見る


『いのちの食べかた』というドキュメンタリー映画を見ました。

なんかイラっとした。
映画の内容はふつう。
ひたすら野菜の収穫の映像、牛や豚を殺して捌いてる映像。それだけ。
ナレーションも何も無いので、ひたすら生産の現場の映像だけ。
見ていて思ったのは「こうやって作ってるんだ、機械化されてて効率いいなすごいな」ってことだけ。
淡々と感情も込めず野菜を収穫してるのを見て「やっぱり手作業なんですね」とか。
食肉になる動物を殺すのも「ははあ、こうやって殺してるんですね」とか。肉切るのも「でかいカッターだな」とか。
食材が“どうやって”できていくかが見られる面白い映画なのではないかと。

むかついたのはタイトルですよ。
何よ、『いのちの食べかた』って。この邦題つけた奴バカなんじゃないの。
ドイツ語の原題が『Unser täglich Brot』。
英語題が『Our Daily Bread』。
『我々の日々の糧』を『いのちの食べかた』だって。
ひたすら我々のごはんの材料ができる様を映すだけの映像に、『いのちの食べかた』という、映像以外にも何か考えさせられるようなタイトルを乗っける。


「流れ作業でどんどん豚を殺して機械で流して捌きます。ものすごく効率が良いです」

というだけの映像に『いのちの食べかた』というタイトルをかますだけで

「流れ作業でどんどん豚を殺して機械で流して捌きます。ものすごく効率が良いです。
 そんなふうに殺される豚さんは可哀想だね。それを頭に置いて感謝して食べようね」

という映画に変わってしまうと思うのです。
要するにタイトルによって思想を押し付けられている。
邦題をつけた奴の思想を押し付けられている。
邦題名づけのバカが思わせたいことを、映画の感想として思う人が居るかもしれんが、それはその人が映画を見た後で自由に思えばよいだけのことで、わざわざタイトルで誘導されていくというのがムカつく。

確かに牛や豚や鶏を殺して美味しい美味しいと食っておるが、殺される牛や豚や鶏に可哀想と思いつつも感謝するのなんて当たり前。
毎度毎度飯食う度に食材に感謝してるわけじゃないけどさ、飯になってくれたものが生きてたっていう意識は根底にあるし、だから感謝の念も根っこの部分で存在しとる。
それを映画のタイトルで訴えられても「何を今更!」て感じですよ。
「今一度考えようね」とこのタイトルなのか?しかし中身が伴ってない。タイトルが浮いている。
このタイトルを元に映画を作るならば、食材を使って料理を作り食べるところまで映像がなくてはいけない。

こういうインパクトのあるタイトルの方が見る人が増えるから、という理由でこの邦題なのかもしれんが、それはそれで考え方が下品なことが窺えるわ。

この映画の感想を書いている人をちらほら見かけたけど、
「つらい場面もあるけどいい映画だと思う。食べ物について考えさせられる」
みたいなことを書いてる人は、うまいことタイトルに乗せられているように感じてしまう。
あるいは今まで動物の肉が食卓に来るまでの経緯を考えたことのない脳内お花畑な人なのか、またはグロ耐性が無い人なのか。
グロ映像に耐えられない人であってほしい。

牛さん豚さん殺すなんて可哀想~!このお肉超おいしい!やっぱステーキはミディアムレアだよねー!
こういう、半生の肉喰らって何言ってんだっつう感じのダブルスタンダードなバカは意外と居るのでなんだかモヤモヤします。
「動物を食べるなんて耐えられないのでベジタリアンです」という人のほうが理解できるし尊敬もする。(ただその思想を押し付けられるのも嫌だけど)

(以上mixiに書いた分)

----------

 映画は良かった。邦題だけが良くない。

 「いのちの食べかた 感想」でググってみると「如何にして大事ないのちを頂くか考えさせられちゃう!」っていう感想が沢山出てくるのですが、「いのちの食べかた 邦題」で検索するとヨメと大体同じことを思ってる人の感想が出てきます。

 この頁の下部に書かれている

『いのちの食べかた』
という邦題は誤訳ではないか。

原題は
『Our Daily Bread』

直訳すると
『われらの日々の糧』
この言葉は、彼らの文化に深く根ざした、
日本で言う「千代に八千代に」のように馴染み深いフレーズだ。

そうすると必然的にみえるものが違ってくる。
映画を観ての感想は、大半は邦題に引きずられてしまっている。



これが言いたかったんですが、ヨメは文章力が無いのでやたらと長文でしたね。反省。
 もうひとつ引用。


116: 四十代(catv?):2008-09-21 04:23:58
Our Daily Breadって言う原題のまま公開しろよ。
腐れた邦題つけるんじゃねえよ。キューブリックっぽい冷たい淡々とした記録映像と
あの原題があってこそひとまとまりの作品になってるのに、池沼がつけた邦題がぶちこわし。

アホは死ね。


「いのちの食べかた」を見るべき、見させるべき
http://logs.dreamhosters.com/html/1/221/921/1221921498.html

関連記事

[2009/08/31 19:19] テレビ・映画・俳優 | トラックバック(-) | コメント(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。