スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

暇をもてあました主婦の遊び 

 先月、社団法人日本アロマ環境協会(AEAJ)のアロマテラピー検定を受けました。
 昨日、合格通知がきました。

 1級2級とあって、1級のみ、2級のみ、併願と選べたわけですけども、まあいけるんと違う?と思って1級のみ受験。
 5月10日に試験だったのだけど、結構前から検定受けようと思ってたのだけど、勉強したのはほぼゴールデンウイーク中のみ。
 しかも買った参考書・問題集が古かったらしく、検定真っ最中に
 「あれ…?なにこの問題…。本に載ってない精油が出てる…。環境問題て何!?」
と実は今回がテキスト改定後初の検定であった、ていうかテキスト改定されてたんだ!?ということに気付いたという間抜けっぷり。(テキスト買ってなかったよ)

 それでも受かったので結構簡単でした。
 環境問題は常識あればいける。
 知らん精油・ハーブ問題は「モクセイ科の植物を選べ」とか、「香りも花の形も金木犀に似てるっぽいからジャスミンにしといたれ!」で合ってた。
 興味がある人は受けるといいよ。受かるよ。


 合格通知とともに、今後の資格についての資料が送られてきたのですけども、まあ資格はとるつもりありません。
 活用する場もないし。
 検定1級に合格すると、アロマテラピーアドバイザーという資格を取得することが出来るらしいのですが、そのためには講義を受けねばならん。
 講義は一度受けに行くだけでクリアなのだけど、AEAJの会員にならねば資格はもらえんのです。
 活用する場も無い資格に入会金・年会費払うのもなあ…。
 というわけで検定1級は今後につなげる予定も全く無いのに受けました。
 有閑マダムの暇つぶしです。


 ちなみに、
 『検定1級』合格→『アドバイザー』取得
を経ると、『アロマテラピーインストラクター』『アロマセラピスト』という2種類の資格を取得する条件を満たすことができます。
 インストラクターは読んで字のごとく講師としての資格、セラピストはトリートメント(マッサージ)実践のための資格で、この二つの資格はアドバイザーに比べてとても難しそうです…。
 セラピストなんて実技・筆記試験の他に、カルテ30ケース出せとかいうカルテ審査まであるよ。
関連記事

[2009/06/09 15:31] オタヨメ日記 | トラックバック(-) | コメント(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。