スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

友人の結婚式に行ってきました 

> 昨日、友人の結婚式に行ってきました。アットホームでとてもすてきな結婚式でした。

 レストランウエディングだったので、料理が美味い。とても美味い。

----------

 このレストランは、ちゃんとチャペルがあるものの、車椅子のおじいちゃんがいたので、チャペルを使用せずに披露宴会場で人前式を行いました。

 最近の流行なのか新郎新婦入場の際にブーケ・ブートニアの儀式をしてましたよ。

 昔、ヨーロッパでは、男性が野に咲く花を摘んで花束(ブーケ)を作り、女性に渡すことでプロポーズをしていたそうです。女性は、花束の中の一輪を抜き取り、男性の胸に飾る(ブートニア)ことでプロポーズを受けたそうです。
 というのを現在は人前式に取り入れたりするそうです、ていうかやってました。

 列席者は受付で花を一輪ずつ渡されました。それでその花を新郎が入場するときに皆から受け取って束ねてブーケにしてました。

 花嫁のお兄ちゃんが「恥ずかしい演出だ」なんて言っておりましたが。(かわいい妹をとられて寂しいらしく、文句ばっか言ってました)

 披露宴終盤に、ブーケトス(ブーケを投げる)ではなく、ブーケプルズをしました。

ブーケプルズとは、ブーケトスに代わって行うセレモニーです。
ブーケにゲストの人数分のリボンをつけ、一本だけブーケに結びます。
ゲストに一本ずつリボンを配って握ってもらい、一斉にリボンを引きます。
ブーケにつながれたリボンを残して、他のリボンははずれます。
ブーケに結ばれたリボンを引いた人がブーケをもらえます。


 要は千本引きみたいなもんなんですけど。そんでね、引き当てちゃった!ジンクス通りにばっちり結婚します!

(右の写真はブーケの花なんですが、もらったブーケを花瓶に移しました。帰りのバスで寝ちゃってブーケつぶしてたので花に元気がなくなってた…)

----------

 結婚式・披露宴では、演出としてジャズバンドが来てました。

----------

 あたしたちが婚約した日、ダンナ(予定)が「自分らの結婚式、ジャズバンドくらい呼んだほうがいいんじゃないかな、演出に」なんて言ってたんです。

 「曲はFly Me to the Moonとかさ」

 ジャズのスタンダードナンバーだから云々言ってましたが、たぶんこの曲名が真っ先に出てきたのは、エヴァのエンディング曲だからです。
関連記事

[2005/05/30 17:17] オタヨメ日記 | トラックバック(-) | コメント(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。