スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今日のメモ 

 煮魚チャレンジが成功したヨメです。

 いやー、煮魚って食うの嫌いだから作ったことなかったんだけど、結構うまくいきまして、おいしくいただけました。
 ちなみにいわしです。梅干と煮ました。

----------

Yahoo!動画:うめく排水管
http://streaming.yahoo.co.jp/p/t/00027/v00436/


 伊藤潤二原作の『うめく排水管』が映画化されたものが、Yahoo!動画で31日まで無料公開中。
 レビュー頁を見てください。すごい酷評されてる!

究極のネオ・ファンタスティック・ホラー。都市では不気味なウィルスが蔓延している……。

という部分を読んだだけでもう
 「あ、原作関係ないのね」
ということがわかりますから期待も薄まります。

 ヨメ的には伊藤潤二作品のなかで一番怖いと思うのが『うめく排水管』なのです。引きずり込まれるところなんて超こええ。擬音の使い方がものすごく効果的。原作はおすすめです。

 結構伊藤潤二作品は映像化されているものが多いのですよ。
 ちょっと挙げてみようか。
富江 富江
中村麻美 (1999/06/25)
ハピネット・ピクチャーズ

この商品の詳細を見る
 富江はシリーズ化されて5本くらい出てる。

うずまき うずまき
初音映莉子 (2001/01/21)
東映

この商品の詳細を見る
 この映画は雰囲気がすばらしかった。他あんま気にすんな。

死びとの恋わずらい スペシャルエディション 死びとの恋わずらい スペシャルエディション
後藤理沙 (2001/10/25)
ハピネット・ピクチャーズ

この商品の詳細を見る
 これまだ見てない。松田龍平が出てる。

押切 劇場版 押切 劇場版
徳山秀典 (2000/10/06)
エスピーオー
この商品の詳細を見る
 これも見てない。つか、押切君役が矢車さんじゃねーか!見てえ!

案山子~KAKASHI~ 案山子~KAKASHI~
野波麻帆 (2004/07/10)
ハピネット・ピクチャーズ

この商品の詳細を見る
 これ出てたのね。知らなんだ。

長い夢 特別版 長い夢 特別版
堀内正美 (2001/01/01)
エスピーオー

この商品の詳細を見る
 見てない。原作『長い夢』も大好きだ。見たいなあ。

顔泥棒 特別版 顔泥棒 特別版
安藤希 (2003/07/25)
エスピーオー

この商品の詳細を見る
  あーなんか木下あゆ美が藤沢あゆ美名義で出てるっぽいことがどっかに書いてあったんで見てみたい作品。

 他にも『首吊り気球』のビデオが出てて、その中に『悪魔の理論』や『屋根裏の長い髪』も収録されているようです。いいなあ。いいチョイスだなあ。クソ映画になっちゃってるらしいけど。

----------

日刊スレッドガイド:酔うゲームについて語るスレ
http://guideline.livedoor.biz/archives/50711821.html


 クーロンズゲート、そんなに酔うか?街で酔うのか?それともダンジョンか。
 魔剣もそんなに酔うの?Xはやってないけど爻はやった。平気だった。

 ヨメが唯一酔ったのはゼノギアスです。途中で耐えられなくなってやめた。

----------

ブログちゃんねる:ちんぽっぽの絵本作りました><
http://blog.livedoor.jp/blog_ch/archives/50442527.html


 やべえすげえかわいい。

----------

洒落怖:はえゆ?
http://syarecowa.moo.jp/142/25.html


 昨日は洒落怖めぐりしてまして、ヨメが一番「こわー」と思ったものを。

洒落怖心霊いい話:悔しい~!
http://syarecowa.moo.jp/sinnrei-iihanashi/8/4.html


 これは和む。

----------

 今日のメモは終わり!
いないいない

関連記事

[2006/10/14 21:21] 今日のメモ | トラックバック(-) | コメント(2)

はじめまして

「うめく排水管」の検索できました。
実際にYahoo動画で見て、レビューの酷評と同じ感想を抱いたのですが、原作はかなり面白いのですね……。参考になります。

機会があったら読んでみたいと思います。

失礼しました~。

はじめまして。
コウイチさんのブログの、『うめく排水管』レビューエントリ、拝見しました。

漫画の原作はですね、映画とストーリーの流れがだいたい同じみたいです。
ただ、Yahooのレビューにも書かれてましたが、原作はパパッと短時間(短編)で終わらせてしまう見せ方なので、かなり軽く読める上に読み終えたあと読み手が考える時間がゆっくり取れ、その時間で恐怖の余韻を楽しむことが出来るのだと思います。
どうも映画はダラダラグダグダ続くみたいですね。
「意味が分らない=恐怖」になるものは、見てる人間が作品を見ている間に考えて理解するまえにパッと終わらせてしまうのが一番よい見せ方だと思っています。

伊藤潤二の漫画はオススメですよ。
まず絵が綺麗なのできちんと絵で怖がらせることができる。
そしてストーリーも気持ち悪い感じに終わります。どの作品とってもアイデアがすばらしいし。
連載もの(『地獄星レミナ』や『ギョ』など)はちょっと面白くないですけど。
[2006/10/17 13:47] マイ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。