スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

黒&ラメ フレンチ 

黒&ラメ
(くりっくチョト拡大)

 黒にラメでフレンチ。

 ラメ(ヴィヴィアンのパイライト)は、一応ゴールドラメですが、シルバーに見えますね。

 よくよく見てみたら、細かいゴールドラメのなかに、少し大きめのシルバーラメが入ってました。とても使いやすい。

----------

 次は「普通のフレンチネイルの色の境目にラメを入れてぼかす」というのをやってみようかなあと思っています。NIKITAに載ってました。

 ヨメは艶女になるつもりはないですけどね。本屋のカフェスペースでなんとなく読んだだけですよ。

 フレンチをラメでぼかすというのはおもしろいなあと思いました。「簡単」「お手軽」と書いてありましたが、艶女は「簡単」や「お手軽」に飛びついていいんでしょうか、とも思いました。

 どうなのどうなの、艶女はネイルサロンに行くんじゃないの。でもアレか、ネイルサロンでスカルプチャーとかって、大概お水っぽくなるからですか。キーボード打ちづらくなるし。たしかに長すぎる爪はバカっぽくて安っぽい。ネイル雑誌見てても「なんだかなあ」と思うもんなあ。
 でもこの前読んだ『STYLIISH NAIL』(高橋マリ子が表紙でした)はわりと専門色強くて上品なほうでした。

 それでもやっぱり艶女は自分でやるから艶女なのか?スカルプなんて爪に悪いしなあ…。でもカルジェルは?艶女にはネイルサロンはアリなのかナシなのか。
関連記事

[2006/03/27 17:21] 化粧・ネイル | トラックバック(-) | コメント(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。