スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ゴールデンウイーク(うんこの色が) 

大変な連休の記録。


【4/30】
私の実家へ。車移動は疲れるからか、ちくわは夜の離乳食をあまり食べず。
でもわりとご機嫌で、ジジババ大喜び。


【5/1】
友人宅へ。
友人のおうちには小さな赤ちゃんがいるので、予防接種の話なんかもする。
ロタウィルスのワクチン、結局接種させてないよーなんて話してた。
接種させなかった理由は、ロタワクチンは接種期間がすっごく短くて(生後6ヶ月まで)、しかも生ワクチンだから他の接種スケジュールにねじ込むのがとても難しいから。
ロタのワクチンがあるってのに気付いたのが、すでに2ヶ月くらいだったもんだから、スケジュールがもう無理でした。
接種できるならしといたほうがいいとは思う。

私の実家へ帰宅後(夕方)、友人宅であまり離乳食を食べなかったから、いつもより少し早めにご飯を食べさせる。
が、2口くらい食べてマーライオンのように嘔吐。
車酔い?疲れちゃったかなーなんて言って、一時間後くらいにおかゆを与えたら「もっとくれ!」とばかりにバクバク食べるので、バナナも与える。
よく食べたえらいえらいと言ってたら、それも全部嘔吐。ついでに下痢。
ゲロまみれなので、すぐお風呂に入れ、風呂上りにミルクを与えるとペロリと飲んで眠る。
1時間後くらいにぼんやり目を覚まし、また嘔吐。
なんかこれおかしくない?病院行ったほうがいいよね?でもここド田舎で救急がないぞ!病院駆け込むならどこだ?隣の市?どうせだったら夜中のうちに大阪に帰るか?みたいに慌てて、とりあえず母子手帳に載っている救急安心センター(#7119)に電話かけてみる。
薄めたポカリをおさじで少しずつ飲ませて、朝になったらダンナ実家がある市の病院へ行くという方針が固まるので、この日はひとまず寝ることに。
夜中に発熱。39度台。


【5/2】
朝、ダンナ実家のほうへ移動。すぐ市民病院へ。
デカイ病院なので待ち時間が超長い。ちくわはぐったり。
診察を受けたら、「ロタを疑ってます」と言われて、親はびっくり。
レントゲン、採血、検便をして、結局ロタと診断。
血糖値が少し低くて、入院するかしないかという状態。
大阪に帰るのも大変だし、ダンナ実家で吐いたりしても処理が大変だし、容態が変わって慌てるのも嫌なので、入院することに。
この日座薬を入れても熱は下がらない。ずっとぐったりする。
食欲がなくミルクを飲まない。
ぐったり



【5/3】
朝になり、少し顔がはっきりしてくる。
熱も下がって遊ぶように。
代わりにものすごい黄色の水みたいなすっぱい下痢を何度もするように。
夜になってミルクを少し飲むように。

【5/4】
結構元気になってくる。
採血の結果、血糖値も上がっていたので退院。(肝機能はまだ落ちているし、ケトン体も平常値を越えていたけど回復傾向だったため)



こんな感じでした。
赤ちゃんは点滴が抜けないようにぐるぐる巻きにされて可哀想。
ぐるぐる

あと採血も点滴も、暴れると危ないので、全身を固定されてやるので、見てらんない。っていうか、親には辛すぎるので看護師も見せてくれない。
赤ちゃんの看病は大変ですね。やっぱり不安がるので、ベビーベッドで添い寝するの。狭い。
医師や看護師に怯えるし、ぐったりしてるし、親が辛いです。


ロタウィルスとは

ロタウィスルワクチン
関連記事

[2012/05/07 14:34] オタヨメ日記 | トラックバック(-) | コメント(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。