スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

妊娠してみて、思ったこと 

臨月です。36週です。
37週から41週が正産期と呼ばれる、いわゆる「いつ産まれてもおかしくない時期」「正常なお産の時期」になります。
きっとこの日記読まれた方は「えっ?もう産まれるの?」って思われることでしょう。
産む人間である私もそう思ってます。びっくりだよ。実感湧いてない。

でもまあ腹の子はすでに3000グラム近くまで育ってるし、臨月だし、妊娠という体験は一通りできたと思ってるんで、今までを振り返って「こんななんだなー」と思ったことを書き出してみます。
あくまで私の体験・思ったこととして。


【個人差がすごい】
妊娠と一言で言っても、妊婦の健康状態とか妊娠の経過とか、個人差激しすぎ。
悪阻が大変というのを聞いていたので覚悟してたけど、私、超楽でした。
毎日炊きたてご飯のムワっとする匂いでつわりチェックしてたけど、結局ご飯はおいしそうな匂いなままで現在に至る。
腹重いーとか便秘なったーとか、ちょこちょこしたマイナートラブルはそりゃあ物理的に腹がでかくなってるわけだから色々出てくるもんですが、それだけで済んでる私は本当にラッキーです。
いろんな人と話すと、つわりが重かっただけでなく、貧血だとか、切迫流産だとか、妊娠糖尿病だとか高血圧だとか、ちょくちょく聞きます。
だからそういった不調が出てしまった人と健康な私の差がすごいなーと思ってしまうのです。
心配しすぎてストレスにならん程度に、「妊娠したらこんな病気や不調がある」ってのは想定しておいて、自分がその不調に当てはまらなかったらラッキーって考えるのがいいのかなーなんて思いました。


【気を抜くと体重が増える】
妊婦雑誌読んでて「気を抜くと体重が…」っていう体験記をやたらと目にします。
マジカヨーと思ってたら、マジでした。すげえ驚いた。あんなに増えるんだ。


【成長が早くてびびる】
え?もう出産?て思ってます。こないだ妊娠に気付いたばっかだったのに…。
芸能人が「妊娠しました。3ヶ月です」とか発表するじゃん。
で、数ヵ月後に「○○さんが○千グラムの赤ちゃんを出産」とか記事になるじゃん。
そういうの見て「え?もう産んだん?」て感じませんか。私はいつも思います。
「これってきっと、自分と関係ない他人(しかもそれほど興味が無い人)のことだから、早いなーとか思うんだろうなー」なんてぼんやり思ってたんですが、いざ我が事となってみても、芸能人に思う感覚と全く同じで驚いた。
ただ、ツイッターで「自分は若くに妊娠したので、妊娠期間が2年くらいに長く感じられた」って言っている方もいたので、これも個人差すげえと思いました。


【胃の位置が変わる】
私は胃下垂で、本来はへその位置くらいに胃袋がある人間なんですけども、子供と子宮に押し上げられるので胃の位置がかなり変わりました。
ただもう臨月なので、子供がでかくなりすぎているというか、アバラのすぐ下が子宮!みたいな感じ。子供の足で肋骨グリグリされてる。
胃袋スペースがほとんど無いので少ししかご飯が食べられなくてちょっと大変になっております。胃下垂が懐かしい。
産む直前になると子宮が下がってご飯食べられるようになるらしいのでもう少しの辛抱ですね。
産んだらまた胃下垂だ。


【体の変化に凹むけど後期には開き直る】
妊娠中期(5ヶ月)くらいからお腹が少しずつ出てきて、自分の意思とは問答無用に体が変化してしまうので結構凹みました。
確かに妊娠はしたけど、私は私で変わってないはず、なのに勝手に体が変わってく…みたいな、戸惑うような感じ。
8ヶ月くらいになるともう「ここまで腹デカなったらどうしようもないやんな!HAHAHA!」て感じまで開き直れました。


【へそピアスは引っかかるから邪魔】
5ヶ月6ヶ月くらいに、妊婦検診にて看護師から「おへそのピアスはそろそろ外してね」と注意を受けまして、「やっぱ外したほうがいいですか?」と訊いてみたところ「ぶつけると危ないからね」との理由が返ってきたのですが、それが未だにモヤモヤしています。
へそのピアスが危ないのは、『ぶつけるから』というのが、ね。
腹がでっかくなるとぶつけやすくなるのか!?
そしてピアスの存在によって、ぶつけるとピアス無しよりなんかすごく危険なのか!?
これがずっと気になっておりました。実際に腹がでっかくなってみないと、ここらへんはわからないんだろうなーと思いつつ、モヤモヤしておりました。
で、今腹がでっかくなったわけで、ピアスは7ヶ月から外してるんですけど、結論出ました。
「腹、ぶつけない」
「ピアスは邪魔」
「ピアスは危ないと思うが、ぶつけるからじゃなくて引っかかるから」
ぶつけることに関しては、妊婦は自然と腹を庇うと思います(よっぽど無頓着な人でない限り)。
不可抗力でぶつけられるというのもあるかもしれないけど、そういう状況に陥る危険性は妊婦かそうでないかも関係がないと思う(あくまで状況への危険性であって、実際に腹にぶつけた際の危険性は妊婦の方が高いのは別)。
で、ぶつけた際にピアスの存在によって何かが危険になるほどの衝撃って、ほんとにピアスの存在って関わってくるか?ピアス無しでもヤバくないか?と思うんですよ。
例えば、ピアスの上を叩かれたとしても、その衝撃の強さ弱さによって危険度って違うじゃない。
ポンと手で叩かれたくらいなら、どう考えても平気。ピアスが腹にめり込むくらいの衝撃で叩かれたら、危険。
でもその衝撃ってピアスの有無関係なく危険じゃないの!?って思うわけよ。
そして、ピアスの有無によって危険か危険じゃないか衝撃の境目っていうのは、あるのか?
だから「ぶつけるから」っていうのを理由に出されるのはなんか違うかなー。
ただ、邪魔にはなります。お腹が小さいときよりはるかに邪魔になります。
何しろへそがどんどん浅くなる。
そしてお腹が大きいとパンツを穿くのも大変で、パンツをズルッと引き上げたときに確実に引っかかる。
へそが浅くなってピアスが出っ張るので、確実に引っ掛けやすくなります。
というわけで、「引っ掛けるから危ない」という理由で外すのをおすすめします。
「ぶつけるから」っていうのも、「ぶつけたときに引っ掛けるから」って言われればなんとなく「ああ、危ないですね」だったように感じる…。
あと、腹がパンパンに膨れてくるので、ピアスホール自体も引っ張られて浅く平らになります。
排除されやすい体質とかと関係なく、物理的な刺激でピアスが排除されやすくもなるのではないかな。排除っていうか、見た目的には千切れそう…。
ピアッサーさんは「外さなくても排除とか問題なかったりする」とは言っていたけど、そこも個人差かな。私のホールは元から極端に浅いし…。
「開けたてでホールが完成してないから外すと塞がってしまう」というくらいの人以外は、腹がでかくなったら外すのが賢明かと思います。
どうしても外したくないならバイオプラストとかシリコンチューブ…かな…。
関連記事

[2011/07/14 16:37] オタヨメ日記 | トラックバック(-) | コメント(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。