スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

可愛らしいダンナ 

ついでにもう一つダンナのほうが間違っていた昔のエピソードを転載。
結局ダンナは可愛いなあって内容ですが。





2008年10月24日16:21

うちのダンナさんは優しくて完璧主義者ですが色々抜けています。
洗濯物干すときハンガーを無理やり首から通したりな!
「下から通しなよ」と指摘したら、
「26年間(当時ダンナ26歳)、下から通すなんて全然気づかなかった!」
というくらい抜けています。
オクラを電子レンジでチンするとき、「オクラに穴あけときなよ」と指摘したら、
「え?なんで?破裂なんてしないよー」
みたいなことをぬかしてレンジ内にオクラの種を撒き散らすくらい抜けています。

そんなダンナは料理を作るのが結構好きで、休みの日は晩御飯を作ってくれたりするのだけど、やっぱり抜けている。
毎回毎回「アレやっとくの忘れた」とか「味が少し濃い」とかほとんど気にならないくらいの失敗をし、そして毎回毎回「あー最悪」「失敗だ、ごめんね」と謝ってきます。
完璧に作らないと気がすまないらしい。
イライラした顔で「うわっ失敗だよ…」とか呟かれても、私はなんだかなあという気にしかならん。
だからいつも「そんなことないよ、おいしいよ」「そういうこと言わないでよ」と声をかけるんだけど、
「いや、これは失敗。最悪だよ。ごめん」
とひたすら謝られる。

この間も、ダンナがトマトとバジルのパスタを作ってくれて、さあ出来上がるぞ!というときにパルメザンチーズをおろしていないことに気づき、
「失敗した!最悪だ!」
とイラついた顔で吐き捨てるように言いました。

私は専業主婦で家事をするのが仕事なのに、ダンナに料理を作ってもらっているのだから文句なんか言えないなあと思っていたんだけど、もう結婚して丸3年も経ったんだし、3年も失敗発言をやめてくれって言ったんだからそろそろキレてもいいかも、と吹っ切れたので軽くキレときました。


私「だからさあ、そういうこと言うなっつってんじゃん
  何回言ってもやめてくれないよね?なんで?」

ダンナ「だって俺は失敗だと思うから」

私「ああそう、失敗。そう思うのはいいけど、なんで言うわけ?
  今から食べる人の前でなんでわざわざ言うわけ?
  『失敗かよ』とか思わせながら嫌な気分で食べさせたいの?」

ダンナ「そういうわけじゃない…」

私「じゃあ私に失敗したこれを食うなっつってんだな!」


ものすごくションボリした顔で「ごめん…」と言われたので、美味しい美味しい言いながら食べました。
正直、パルメザンチーズ無いほうが美味かったよ。


それで食後に

「私はダンナをサポートすることを
 自分の仕事のひとつだと思ってやっている。
 ダンナが道を間違えたときも(ダンナは極度の方向音痴)
 間違いに気づくとダンナはものすごい自己嫌悪するよね?
 そんなに凹むことでもないし、見てて気持ちよいものでもないから
 私は、ダンナが道を間違えそうなときは
 ダンナが怒らない言葉を選んでそれとなく誘導している。
 間違えたときも、笑いに変えられるように努めている。
 道を間違えたときだけじゃなくて、いつもそうだよ。
 何か失敗しそうなときは、それを直接指摘するんじゃなくて
 『あれってどうやってやるんだっけ?』みたいに
 少し遠まわしに、失敗しそうなことに気づかせるよう
 いつも言葉と言い方を選んでいるんだよ。
 サポートすることは私の仕事だけど、
 『こう言ったらダンナはこう思う』とか
 『こう言ったらダンナは気分が良くなる』とか
 相手の気持ちを考えて、お互いが気分よく過ごせるように
 出来るだけの努力をすることってのは愛情だと思う。」

というようなことを語ってみたら、ダンナは鳩が豆鉄砲食らったような顔をして

「ヨメがそんなに気を遣ってたなんて全然知らなかった…!
 『俺、超自由!』って思ってた!」

と言ってたよ…。そこも抜けていたのだなあ。

まあ、うちのダンナさんは『仕事はしっかりこなす。なのに、何故だか変な失敗をして必要以上に慌てふためく愛すべきキャラ』なので、なんか、ダンナらしくて可愛らしいな、と思ったのでした。



こないだダンナが会社で、

上司「アレ?ダンナ君、3時から○○社に行くんじゃないの?」

ダンナ「明日ですよね?」

上司「今日だよ」

ダンナ「!!!間違えてた!イッテキマス!」

上司「ハハハ、ダンナ君らしいなー」

ということがあったらしい(でもちゃんと間に合ったらしい)のですが、ダンナ曰く、
「約束の日時を忘れてたことなんて今回が初めてなのに、
 何だよ!ダンナ君らしいって!俺ってそんなキャラなの?」
だそうで、どうやら会社でも愛すべきキャラクターのようです。
関連記事

[2011/03/30 17:37] オタヨメ日記 | トラックバック(-) | コメント(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。