スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

鶏胸マリネレシピ&アジア飯の理由 

大変便利な鶏胸マリネのレシピ、以前mixi日記に書いたものを転載します。
パサ付きがちな鶏の胸肉、でもモモよりも安いしヘルシーだから、どうにかしてジューシーに食べたい。
油と塩に漬けておくだけで、加熱しても柔らかく美味しく食べることができます。

それと私が東南アジア飯を作る理由というのも以前のmixi日記に書いていたのでそれも転載。
「○○さんっていろんな料理が作れてすごいね」って言われたい人は読むとよろしい。


鶏胸マリネレシピ 2010年09月06日18:00

去年の夏?かな?テレビで夏ばて対策みたいので見かけて面白そうなので作ってみたら年がら年中重宝しておる。
ネットにレシピが載っていたはずなんだけど、ページが消えてるので私が今更うpる!
非常に楽チンで美味しいのでオススメです。

-----

【オリーブ油のマリネ】
鶏胸…1枚
塩…小さじ二分の一
オリーブオイル…大さじ二分の一
にんにく…1片

【ごま油のマリネ】
鶏胸…1枚
塩…小さじ二分の一
ごま油点大匙二分の一
しょうが…1片
長ネギ…適量


(つくりかた)
1、鶏胸を縦半分に切り、味がしみこむよう細かく切り目を入れる。
2、小さいポリ袋に鶏肉と残りの材料を入れ、調味料が馴染むようによく揉み込み、口を縛って半日以上おく。

-----

以上でマリネの仕込みが終わります。

まりね
私はこんな感じに、ただでさえ安いムネ肉が特に安かった日に大量に買い、一気に作って冷凍。(写真は肉を入れる前ですが)
マリネを仕込む時点で一口大に切っておくと調理の際楽です。

ごま油マリネは一口大には切らずに作っておいて、シンガポールチキンライスを作るときに使ったり、バンバンジーにしたりというのもなかなかよろしいです。
塩や風味がしっかり肉に移っていて、しかも油で漬けてあるのでパサパサしないしやわらかい。
奥園式バンバンジーの作り方は、耐熱皿に和風マリネを皮を上にして置いて、酒を大匙2加えラップしてレンジで4分チン。
加熱が終わったらラップを取らずに4分放置(余熱利用)。
あとは食べやすい大きさに切ってゴマだれとかかけて食べます。
このバンバンジー、楽なのでしょっちゅう作る。ゴマだれは自分で作ってもいいけど成城石井のやつがおいしい!
ちなみにチンしたあとに皿に残った肉汁は、ダンナがご飯にぶっかけて食べてます。鶏の出汁が出てて美味しいらしい。

ほかにもテレビでは、和風マリネはゴマまぶして焼いたり、味噌と梅干と蜂蜜を混ぜて塗って焼いたり、洋風マリネはカレー粉まぶして焼いたり、パン粉まぶしてチキンカツにしたり、あとはフライパンで焼いたあとバターをからめて千切り青じそ混ぜたりってのが紹介されてました。
どれもおいしかった。

私はチキンヨーグルトやカレーのときにも使っています。
ちなみにチキンヨーグルトのレシピですが、

1、小ぶりのにんじん1本とにんにく2かけをすりおろして鍋へ
2、プレーンヨーグルト250グラムとぶつ切り鶏肉を鍋へ
3、10~15分コトコト煮る

で終わりです。好きな感じに塩振ってね。
にんじんの臭みは、表面積を増やしたうえに加熱という加工によってほぼ消えます。
お義母さんに「おもしろいレシピがある」と教えてみたところ、
「簡単だしおいしかったわ~
 焦げると思って白ワイン足してみたけど
 ヨーグルトから結構水が出るのねえ。入れなくてよかったのね。
 しめじも入れたらおいしいかと思ってやってみたよ」
とのことだったので私もしめじ入れました。美味しかった。
お義父さんにも好評だったみたいです。

----------

アジア飯の理由 2010年03月06日18:26

結婚したときは料理なんて全く出来なかったのに今では多国籍なメニューが食卓に並ぶまでになっております。

大変ありがたいことに専業主婦なんてものやらせてもらって、わたしすんげえ幸せ。
幸せだけど、なんか申し訳ない気持ちもする。
だったらプロ主婦としての完璧な仕事をするべきであると思うのだけど、もともとめんどくさがりなので「楽してすごいと思われたいなー」なんて手抜きしたがる。
そこで行き着いたのがアジア飯です。

アジア飯って、たいてい家庭料理だったりするわけ。
フレンチみたいにプロしか作れないようなめんどくさい料理じゃない。
タイ料理屋で頼むものって言ったら、まず浮かぶのはトムヤムクンだけど、でもそれって日本で言う味噌汁みたいなものじゃない。
ハーブで出汁とってトムヤム用の味噌溶かしてるんですよ。
どこのご家庭でも作れるものが、タイ料理屋やベトナム料理屋なんかのメニューにならぶわけですよ。
じゃあそんな料理を、日本の一般人の主婦が作ってみ。
タイの主婦が作る料理を、日本の主婦が作ってみると
「わぁ~すごいね!タイ料理屋みたい!」
って褒められちゃったりするんですよ。
ヌクマム入りの豚の角煮作って、
「ベトナム料理のティットコーだよ」
って言って出したら、もうそれはベトナム料理なんですよ。日本の角煮 じゃないんですよ。
ついでに、アジア飯はアジアのおおざっぱさを全開にしつつ料理できるので、野菜のアクなんてとりません。

どうでしょう、ぜんぜんすごいことしてないのに、すごい料理を作れる人みたいに見えてませんか。
ただ、アジア飯は好みが分かれるので、食べる人によってはダメかも。

別にアジア飯じゃなくても、和食でもできなくはない、と思います。
要は、あまり他人が作らない料理にチャレンジすると、すごいって言われるんです。
豆腐作ってるって言うと「すごいね!」って言われるけど、あんなもん豆乳ににがり入れてチンするだけですよ。
茶碗蒸しやプリンみたいな、ふわふわの豆腐なんて超簡単に出来ますよ。なんでみんな作らないんだろ、って思う。

簡単なのに他人があんまり作らない料理、おすすめ。
関連記事

[2011/02/17 15:11] 食べ物 | トラックバック(-) | コメント(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。