スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アロマテラピーの基礎知識 2 精油の特徴編 

地味にご好評頂いております、私の知識放出シリーズ。
ためになる!と言っていただけると励みになります!
コスメもアロマも大好きなので、私の日記で興味を持ってもらえると嬉しい。
私と同じ趣味の人が増えるといいな!


何度も言っているのでうんざりされるかもしれませんが、アロマに過剰な期待はしないでください。
香りを楽しむ、いい香りを嗅いでリラックスする、気持ちも落ち着いてなんだかお肌もきれいになってきたかも!みたいな期待はしちゃっても全然かまわないのですが、エスカレートして「殺菌能力があるから感染症もアロマで治しちゃおう」というような病気の治療に使おうとするのは大変危険です。
きちんと病院にかかって治療を受けたときの心のサポートとしては非常に有効かもしれませんが、その程度に留めておくべきです。



精油の選び方について
まずはお店で試してみましょう

『生活の木』『カリス成城』『ガイア』『ニールズヤードレメディー』などのアロマのお店に行って、サンプルの香りを試してください。
ボトルを扇いでそーっと嗅ぐのも楽ですが、出来ればムエット(試香紙)に垂らして空気に触れさせてみるとよくわかります。


香りを選ぶ際の注意点

■一度にいくつも嗅がない
嗅ぎすぎると気持ち悪くなったり、なによりも沢山の香り情報で混乱します。言わずもがな。

■いくつか嗅ぐときは、鼻をリセットする
ラベンダーを試したから、今度はゼラニウムを…と次の精油を試す前に、自分の鼻をリセットしたほうが香りの違いがよくわかります。
手持ちのハンカチや自分の服の匂いを嗅いで深呼吸するだけでリセットできます。

■気持ち悪くなったらやめる
苦手な香りに当たることもあります。無理は禁物。

■直感で選ぶのが一番
この香りが好き!っていうものがあったら、それはあなたにぴったりの精油です。
いくら効能がなんたら成分がなんたらと情報だけで自分にぴったりのものを選んでも、香りそのものが嫌いだったらどうしようもありません。
そんなものを無理して使ってもおもしろくないし、むしろ頭痛や吐き気など悪い影響が出ることも往々にしてあります。
好きなものを選ぶだけでいい。精油の選びかたなんて、簡単でしょ。


でも、「使うかなーと思って買ったけど、あんまり使わなかった」とか「飽きちゃった」みたいなこともあります。
実際におうちで使ってみてはじめて自分の嗜好がよくわかるということもあります。
だから私が初心者にオススメするのは、生活の木から出ているAEAJアロマ検定用の精油キット。
コメントの返事としても一度書きましたが、アロマ検定用のキットはベーシックな10種類の精油が1mlずつ入ったセットになっていて一度に沢山の精油を少量ずつ試すことができるので、どの精油を選んだらいいのか分からない人にはうってつけです。
2級用が2100円、1級用がネロリやローズオットーやカモミールなんかの高価なのが入ってるので3150円。ちなみに高価な3種だけ1mlでなく0.3ml。それでも結構使える量です。
まずこれを買ってみて、減りが早いとか使い切っちゃったものだとかを買い足すという風にすれば無駄がない。


その中でも、きっとこれの減りが早いだろうな~便利だしな~と個人的に思うものをピックアップしてみます。
■ラベンダー
■ティーツリー
■ペパーミント
■オレンジ
ここらへんはきっと使いやすくて買い足すことになるんじゃないかな、なんて思います。もちろん好みがあるのでみんながそうなるとは言わないけど。

----------

精油それぞれの特徴

いろいろと言う事がありそうな代物をピックアップして語ってみます。
個人的な思い入れとかも語っちゃうかも。

■ローズオットー
香りの王様、バラ(ダマスクローズ)を水蒸気で抽出した精油。
女性に嬉しい効果がたくさん。
とんでもなく沢山の花からほんのちょっとしか採れないので、びっくりするほど高価な精油です。
世界で生産されているローズオットー精油よりも、流通量のほうが多いらしい…。どういうことかというと、偽者が沢山出回っているってこと!
それだけ貴重だし需要があるってことですね。
ローズオットーの精油は低温で固まる性質があるので、偽者か本物か見分けるには冷蔵庫に入れてみるっていうのもいい方法です。
私は冬場にローズオットーが固まったのを見てちょっと感動しました。

■ローズアブソリュート
溶剤で抽出した精油をアブソリュート(abs)と言います。
これはバラを溶剤で抽出したもの。
ローズオットーと違う点は、まず見た目。absのほうが鮮やかな赤い色をしています。
それと香りもabsのほうが強い感じです。
水蒸気で抽出するよりも多く採れるのでローズオットーよりは安いですが、それでも採れるのは少量なのでこちらも高価です。

■ラベンダー
アロマには欠かせない精油。
フローラルで優しい香りなので、落ち着きたいときや眠るときにはぴったりの精油です。
安全だし用途も幅広いので非常に使いやすいです。
ローズやネロリなどの高価な精油を買いそろえるよりも、数多くのラベンダーから自分にとってとっておきの精油を見つけるのも、アロマ上級者みたいでかっこいいかも、なんて思います。
ちなみに私はファーム富田(北海道)の『おかむらさき』という精油を使っています。

■ペパーミント
スーッと清涼感のある香り。ハッカと言えば皆知ってるんじゃないでしょうか。
ご存知の通りメントールが入っているので、スースーします。夏場はとっても便利です。痒み止めにも。
でもスースーするってことは皮膚に刺激があるということなので、濃度には注意しようね。
「アイヌの涙 探偵ナイトスクープ」で検索すれば、超高濃度で使った場合の悲劇が出てきます。面白いけど。
実は薬局でも売っています。『ハッカ油』という名で、薬局方で売っています。
アロマのお店で精油として買うよりも安価なので、成分や産地を気にせず沢山使いたいという人にはいいのではないでしょうか。
ちなみに私は『北見のハッカ油』を使っています。おかむらさきと一緒に、北海道物産展で購入。

■ティーツリー
殺菌効果が高いとされる精油。
スッとした爽やかな木の香りで、生ゴミなんかが匂うときに使うとさっぱりします。
森林浴をしているような雰囲気になれます。
こういう木っぽい香りの中では一番使いやすいんじゃないかな、と思います。

■ローズマリー
爽やかなハーブの香り。
血行をよくするので低血圧の人に向いているとか、髪の毛にいいなんて言われます。ナチュラル系のシャンプーには配合されていることが多いんじゃないかな。

■ユーカリ
コアラが大好きな植物。
効果も香りもティーツリーと似た感じ精油です。正直違いが分からない…。
アロマ検定って香りの嗅ぎわけテストがあるので一生懸命練習したのですが、いつまで経ってもティーツリーとユーカリとローズマリーの区別がつきませんでした。
こいつらが試験に出たら詰むな…!って思いながら受験しました。出なかったので助かったけど…。
そして今でもわからない。

■ゼラニウム
フウロソウという花と葉からとれる精油。
バラとよく似た香りで、効果もバラに似ていて女性向けな感じ。
ローズオットーは高いし、バラっぽいものを楽しみたい!って場合は安価なゼラニウムを使うといいです。
ただ全く別の植物の精油なので、完全に代わりになるかというと、まあ、限界はあるよね。
私の場合ですが、ローズオットーは大丈夫なのにゼラニウムが苦手です。あんまり長時間嗅いでいると吐き気が…。でもバラは平気って、どれだけ贅沢なんだ!と思いました。

■ネロリ
ビターオレンジの花から水蒸気蒸留方で採れる精油で、ローズオットーと並んで大変貴重で高価。
柑橘系フローラルといった感じの香りです。まあ、そのまんまですけど…。
とってもリラックスする香りで、人によってはリラックスしすぎて腰が砕けたようになるとか。というわけで使用には注意をしたほうがいいかもしれません。
私の大好きな香り!

■プチグレイン
ビターオレンジの葉と枝から採れる精油。
ネロリと同じ植物から採れるので、香りも効果も似ていますが、花からしか採れないネロリと違い価格はぐっと下がってお手ごろ。効果も下がりますが。
ネロリの代わりにという使い方が出来るんじゃないでしょうか。実はこれ嗅いでみたことないのよね。

■フランキンセンス
木の樹脂から採れる精油。
オリバナムとか乳香とも呼ばれます。
ウッディかな、と思うけど、よくよく嗅ぐと爽やかな甘さがある香りです。
私、これ大好き!ラベンダーとのブレンドが特に好きです。
加齢肌や呼吸器に。
この精油は宗教儀式なんかにも使われるそうで、エヴァのマギでおなじみの、東方の三賢者がイエス・キリストの誕生の際に捧げたもののひとつと言われています。
メルキオールが黄金、バルタザールが乳香(フランキンセンス)、カスパーが没薬(ミルラ)を捧げました。
ミルラというのも樹脂から採れる精油です。

----------

もうちょっと紹介したいものがあるんだけど、長くなったので次回に!
関連記事

[2010/11/05 19:09] 化粧・ネイル | トラックバック(-) | コメント(2)

twitterではなくあえてのコメントで!

私はティートリーとユーカリ大好きです。たまらん匂いしてます。でも確かに匂いの違い・・・あんまりないかも。でもティートリーのほうがちょっとミントっぽくないですかね~?気のせいかな~。

[2010/11/05 21:06] chie396 [ 編集 ]

どうもです!
あーー……そうかも…!試してみて、なんとなく、わかったような…。
でもボトルシャッフルして目隠しして嗅いでみて、見事にハズレました。相変わらずダメです…。
両方ともいい匂いだもんな~、どっちかが苦手だったら、判別もつくんだろうけど。
[2010/11/07 00:06] ヨメ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。