スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アロマテラピーの基礎知識 

手作り化粧品とは切っても切れない関係にあるのでこちらも基本的な注意点などを記しておきますので参考にしてください。
正直手作りには必ず入れなきゃいけないものではないのだけど、いい香りってあると結構嬉しいものです。
私はアロマに対してそれほど効果の期待というものはしていないのだけど、それでもまあちょっとはあるかな?くらいには思っています。
というわけで、この精油にはどんな効果が期待できるのかという部分も一応書いておきます。



アロマテラピーを始めるには

■精油(エッセンシャルオイル)を買う。
精油は100%天然の植物から取れる有機化合物です。
必ず『精油』や『エッセンシャルオイル』と書かれているものを購入してください。
アロマオイルだとかポプリオイルだとか、似たようなものも売っていますが、そういうのは人工香料だったりで肌につけるには問題があったりします。
ちゃんとした精油を買うと精油をどういった方法で抽出したかとか、原産地や成分一覧などの説明書がついてきます。

■キャリアオイルもあると望ましい。
キャリアオイルというのは、精油を希釈するためのオイルです。
精油は直接肌につけてはいけません。肌につけるなら必ず希釈します。
キャリアオイルのキャリアというのは「運ぶもの」という意味であり、精油の成分が体内に浸透するのを助ける働きがあります。
キャリアオイルそのものだけでも、ビタミンが含まれていたりで効能や特徴があります。
主にアロマで使うキャリアオイルは植物性のもの(オリーブオイルやスイートアーモンドオイルなど)ですが、個人的には馬油やエミューオイルなど動物性のものでもなんでもいいじゃんと思ってます。

■できれば一冊本を手元に置いておく。
だいたいのことはネットで詳しく調べられますが、アロマ本があるとやっぱり便利です。
私は『アロマテラピー・バイブル』という本を持っています。
http://www.minaroma.com/review/beginner1.html
ここでオススメされてたからなんだけど…。でもとても読みやすいし、アロマを始めるにあたって必要なことは全部書いてあると思います。
簡単な手作りコスメのレシピも載ってるし、マッサージのやりかたも書いてある。とても便利です。



アロマテラピーの楽しみ方

【芳香浴】
部屋の中に精油の香りを拡散させて楽しむもの。
アロマライト/オイルウォーマーや、ディフューザーなどを使います。
ろうそくで精油を温めて、蒸気と一緒に香りを広げるタイプがポピュラーですが、火事の心配もあるのでろうそくの代わりに電球を使うタイプがお手軽でいいです。
ディフューザーは振動で霧状にして香りを広げるので、広範囲・長時間・そして香りも強く広がります。
自分がアロマライトとディフューザーを使ってみて感じたことは、ディフューザーのほうがだんぜん香りを楽しめるということです。
全然違う。アロマライトは香りの広がりに限界があるというか、ちゃんと香ってるなと感じるために精油が3滴くらい必要だとすると、ディフューザーなら1滴で部屋中十分に香るという感じです。
しかもディフューザーのほうがちょっと爽やかな感じ。
ただしお掃除はディフューザーのほうが面倒です。無水エタノールが必要だったりします。(掃除方法はまあメーカーによって違いとかありそうなので細かくは言えない)

【アロマバス】
お風呂に精油を数滴垂らして、体を温めながら香りを楽しむ方法。
肌からも精油成分が吸収されるし、入浴剤みたいなものですね。
ただし、精油というのは肌につける際希釈して使うものであり、オイルというくらいなので(実際には有機化合物ですが)水に溶けません。
水面に精油がプカプカ浮いてしまい、希釈もできない状態で肌につくことがあります。
それを避けるために、天然塩や重曹に精油を混ぜて希釈して使うほうがオススメではあります。もちろんキャリアオイルで希釈したものを使ってもよいです(掃除は大変そうだけど…)。

【化粧品への添加】
言わずもがなな感じですが、手作りの化粧品に精油を混ぜて香りを楽しむのもステキな使い方です。
市販の化粧品に精油を入れても大丈夫ですが、もともと香りがあるタイプの化粧品だと、精油の香りと喧嘩してしまうかもしれないので、よく考えてくださいね。
もちろん無香料の化粧品なら相性を考えることなく使えます。
私は無香料のシャンプーやオイルに自分の好きな香りを混ぜて楽しんでいます。

【虫除け】
虫にも嫌いな匂いというものはあるわけなので、それを使えば虫除けになっちゃったりします。
最近多いですよね、アロマの虫除け。
私は蚊に刺されやすいのに薬局なんかで売ってる虫除けスプレーなどの匂いに酔いやすいので、アロマ虫除けは重宝しています。
ただし、やっぱり薬局で売ってるタイプよりは効果は弱いんじゃないかなって感じがします。
虫によって好き嫌いがあるので、一番気になる虫に効くものを書いときます。
蚊→シトロネラ、レモングラス
ゴキブリ→クローブ、ラベンダー、ペパーミント

-----

精油の希釈について

精油というものは肌につけるためには希釈しないとかぶれなどの原因になります。
AEAJ(日本アロマ環境協会)では、肌につける際には精油が1%以下の濃度になるように希釈したほうがいいとしています。
精油1滴の量はおよそ0.05mlなので、5mlのキャリアオイルに対して精油1滴、と覚えておくと計算が楽です。
前にコメント欄に書いた例を挙げると

例1)ホホバオイル10ml サイプレス1滴 ティーツリー1滴
例2)ホホバオイル10ml ティーツリー2滴

こんな感じ。
よく混ぜましょう。

芳香浴やアロマバスの際にどれくらいの量を使ったらいいかも書いとこう。(アロマ本の丸写しです!)


【芳香浴】…6~8畳の部屋で5~6滴
オイルウォーマーやアロマライトの場合!ディフューザーはもっと少量でよいはずです。
ディフューザーに限らず説明書を読んでそれに従ったほうがよいです。


【全身浴】…最高6滴まで
希釈する場合は、重曹や天然塩大さじ2くらいで希釈します。
ジャムとかの瓶に塩と精油を入れてシェイク!それだけでお手製バスソルトの出来上がり。まあ瓶じゃなくてもいいけど、瓶ならそのまま保存も出来るし、数回分一気に作っちゃえば次回使うときも楽です。
キャリアオイルを使う場合は10mlのキャリアオイルに希釈。

【半身浴】…4~5滴まで
希釈は全身浴を参考に。


----------

精油の特徴とかも書いたろと思ってたけどつかれたのでひとまずここまで!
関連記事

[2010/11/05 19:04] 化粧・ネイル | トラックバック(-) | コメント(2)

はじめまして

はじめまして。ブログ参考になりました。ありがとうございました。私もアロマテラピーバイブルを購入し、いろいろなオイルをためしているところです。キャリアにエミューオイルを使ってます。
[2011/02/24 13:41] なおみ [ 編集 ]

それはよかった、とても嬉しいです。アロマテラピーバイブル、読みやすくて情報も多くて、いい本ですよね。
私は現在スクワランにハマっています。
植物性のはポメグラネートシードやフラックスシードやアプリコットカーネルとか使ってみたいなあ。
[2011/02/25 18:28] ヨメ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。