スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

オイル 

オイル類
最近HABAのイオンマイエステを買いました。
そしてHABAといえばスクワラン。ちょっと興味があります。
元々美容オイルは色々使ってみたいと思っているタイプです。

今回はそこらへんの興味あるものとか使ったことがあるものの感想とか書いてみようと思います。

ところで写真は我が家にあるオイル類をかき集めてみたのだけど、これだけしかありませんでした。
相変わらずソンバーユ愛用。




まずは私が使ったことのあるものを挙げてみようか。


■薬師堂 ソンバーユ液状特製
55mlで2000円くらい。そもそも美容のオイルってのは、一度に数滴しか使わないのでこれでかなり持ちます。半年くらい?
普通の馬油でなく液状を使っているのは、常温保存ができるので。
それと滴下できるため清潔に使えるから。普通の馬油はボトルに指かスパチュラつっこんで…ってタイプでしょ。それが嫌。
ボトルにシールが貼られてますが、手に印刷が付くのですぐ剥がします。あとボトルの細くなってる口のところは外れるので、そこからエッセンシャルオイルを入れて香り付けしています。
3滴ほど手のひらに落とし、両手をこすり合わせるように広げたら、洗顔して濡れたままの顔に押さえるように伸ばします。
少ししっとりしますが全くべたつきません。すぐに浸透して肌が落ち着くような感覚。この後化粧水をつけても弾く感じもしません。
洗顔後のスキンケアは馬油のみ!みたいな使い方をしている人をネットでちらほら見かけるので、私も試してみたことがあるのだけど、どうもダメです。乾燥します。
表面はある程度保護されてるけど、中はカサカサするような感じになりました。化粧水つけなきゃダメみたい。化粧水さえつければ大丈夫だったけど、フタ無しでこれが蒸発しちゃったらまた乾燥?と思ったので、そのあとクリームも塗りました。
何にせよ私には化粧水は必須ですね。油→化粧水→油、みたいな使い方じゃないと。


■ジョンソンベビー ベビーオイル
メインでは使っていません。あったら便利、くらいの感覚で置いています。
一時期、風呂上り濡れた体に伸ばして保湿、という使い方をしてましたが、ミネラルオイルは浸透しなくて重いのでしばらく使ってやめました。
残りはメイク落としに。風呂場で洗い流したかったので、ベビーオイルを顔に伸ばしてメイクを浮かせ、手持ちのクレンジングオイルを少量足してベビーオイルとなじませてから水で乳化させてました。(クレンジングオイルの乳化材を利用)
なかなか悪くなかったです。クレンジングオイルの節約にもなったし。
人工の合成成分やミネラルオイル(鉱物油)は肌に悪い!っていう成分厨にはうんざりしすぎてもう何も言いたくなくなってきてますが、一応改めて表明しておきますと、私は鉱物油否定派ではありません。
むしろ、不純物がきれいに取り除かれていて安定性があってすばらしいオイルだと思っています。
しかも肌に浸透しないんですよ。表面の保護という役割はしっかり果たしてくれるわけですよ。
その特性を考えると、鉱物油はクレンジングに最適なんだなあと思います。
オーガニックな植物性で肌に優しくて栄養がたっぷりあって浸透性に優れるオイルで化粧を落とすとか言ってると、えええあなたがたが好きなヴィークル効果(オイルが化粧水などの浸透を助ける効果)がメイクに発揮されちゃうとか考えないのかよおおと唖然としてしまう。
2ちゃんの化粧板で、馬油でメイク落としたって人が叩かれてたのはそういうことです。
私がベビーオイルをそれほど愛用していないのは、単に使用感の問題です。


■ヴァセリン
■白色ワセリン

高校生の頃は薬局方の白色ワセリンをリップクリームとしてつかっていました。
これも原料は鉱物油なので、成分良好派(笑)からは嫌われる存在でしょうけども。
表面の保護という点ではベビーオイルよりいい。だってクリーム状だから塗りやすい。


■大島椿
ヘアケアの定番、椿油。
髪にはつやがでてまとまりが良くなるものの、分量が難しい。
伸びが良いので少量でいいのですが、初心者はその少量というのが良く分からず、つけすぎて風呂に入ってない人みたいな状態になるというお約束があります。
40mlのボトルタイプを一度だけ買いました。
しばらく使ったら酸化してしまった。まだまだいっぱい残ってたのに…。オイルパックとかで大量に使えばよかったのかな。
一度に使う量が少量だから、というのが酸化しやすいオイルにはネックですね。
しかも手で髪にオイルを伸ばすというのはムラ付きしやすそうなので、大島椿を髪に使うならスプレータイプがいいと思いました。(つやつやになるスプレーという商品名のもの)
スプレータイプは2~3回リピートしました。
ボトルタイプはリピートしないでしょう。もし髪用のオイルを買うなら、今度は話題のあんず油かな。いい香りするし。


■生活の木 ボリジオイル
高級キャリアオイル。生活の木では25mlで1500円です。
月見草(イブニングプリムローズ)オイルはγリノレン酸を多く含むと有名ですが、ボリジオイルは月見草オイルの2倍ほどのγリノレン酸を含有しています。
γリノレン酸は、神経性皮膚炎や、皮膚の痒みを抑えるなどの抗アレルギー作用があり、角質層のバリア機能を修復するのでトラブル肌に向いています。
γリノレン酸の効果を期待して使ってみました。が、特にトラブルがあったわけでもないのでよく分からず…。
アトピーの人にはきっといいんだろうな。私よりダンナに向いてたかも。
キャリアオイルの中では高価な部類に入るし、ものすごく酸化しやすいので冷蔵庫保管してたけどいちいち取り出してしまうのが面倒…ってことで続きませんでした。
あと使用感、すごく重い。
もし使われる方が居たら、ボリジと一緒にROE(ローズマリーオイルエキストラクト)などの酸化防止剤を買って足すといいでしょう。


■ナイアード アルガンクリーム
ビタミンEを多く含むアルガンオイル。ビタミンEは老化防止に良いとされますね。
老化防止っていうのは酸化防止作用のことかな。
化粧品の成分一覧に「トコフェロール」という表記がよく見られますが、それがビタミンEです。酸化防止剤として添加されています。
ビタミンE以外にも、アルガンオイルには皮脂の過剰分泌抑制作用もあると言われます。
私も、なじみがよくてベタベタせず、かなり好きでした。
が、アルガンクリームってクリームって言うよりバームって感じで、まあそれが良さなんだろうけど、削り取って手で伸ばして…っていうのがちょっと苦手でした。
液状でないならゆるいクリームくらいの硬さが好きなもんで…。
もしまたアルガン使うなら、ナイアードじゃない別なとこでオイルを買おうと思います。
そういえばそうやって浮気しようとして、評判よさげなメーカーとか値段とか調べてたけど、他のオイルは目に入るしめんどくさくなって放置したんだった…。



---

こんなもんかな。ワセリンやアルガンクリームもオイルの分類に入れちゃってますが。
もうちょっと他にも使っていたような気がする…。
コーラルムーンのベビーマッサージオイルとか…。かなり前だなあ。細かいこと覚えてないけどあれは良かった…。

長くなるけど、使ってみたいオイルも並べてみます。

---


■エミューオイル
ダチョウに似た鳥エミューからとれるオイル。
ミネラルメイクをしている人には評判のオイルですね。馬油と並んで動物性の人気オイル。
説明や口コミを読む限りでは馬油と似ているような印象です。どう違うのかしら。


■ライスブランオイル
米ぬかオイル。米ぬかパックはかなりよかったので、オイルにも期待できそう。


■ポメグラネートシードオイル
ザクロ種子オイル。プニカ酸ってどうなんでしょうね。


■ヒッポファエオイル/サジーオイル
酸化は、しやすいのかな?αリノレン酸が入ってるみたいだし。
αリノレン酸つながりでフラックスシードオイルも気になるけどやっぱりネックは酸化…。


---

とりあえずこれだけ。
きっと調べだしたらまだまだ使ってみたいものはある!はず!(以前調べたときに気になるものメモったら、もっとすらずらっと長かった…)
キャリアオイル単品に限らず、デパートブランドとかのブレンドオイルも気になります。
もし上記の使ってみたいオイルに限らず「こういうブランドのこういうオイル使ったよ」とか「このキャリアオイル使ったよ」という方がおられましたら、是非教えてください。
関連記事

[2010/10/21 18:44] 化粧・ネイル | トラックバック(-) | コメント(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。