スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

昨日のできごと!#gahaku 

 ダンナの靴下に次々と穴が開きまくり、さすがと在庫が危うい感じになってきたため、一昨日の会社帰りにダンナがユニクロで靴下を購入してから帰宅。

ダンナ「ユニクロで靴下買ってきた」
私「ユニクロ!?アリスインワンダーランドのコラボもの売ってた?」
ダンナ「無かったよ。まだ出てないんじゃない?」
私「mixiのアリスコミュで買いました報告出てた!あるはず!」
ダンナ「今日行った店舗はまだなのかもね。売り切れ早そうだから明日心斎橋のユニクロ行こうか」

 というわけで翌日(昨日)は、ダンナ帰宅後に心斎橋のユニクロへ行くことに。
 ご飯もめんどくさいから作らない。ミナミで何食べてこよっかーと聞いたら「すた丼!」と答えやがる。
※すた丼とは…スタミナ丼、丼飯に豚バラがゴリっと乗せられてにんにく醤油のタレがかかって生卵が乗っている肉肉しいどんぶり。
 お前ふざけてんのか肉と油が苦手な私を胸焼け地獄に落とす気か!と却下。数週間前からすた丼すた丼言われてたけど却下。そんなものは食いません。
 じゃあ一風堂…みたいなことも言われたけど豚骨食いたくありません。
 こまったときのMealMUJI。無印でご飯食べることに。

 そんで心斎橋のユニクロに行ったわけですが、アリスコラボものはレギンスだけ買いました。あとポールアンドジョーボーテの猫Tシャツ。
 +Jの無地Tシャツ、とてもラインがきれいでした。いいね、+J!って言ってたんだけど、メンズコーナーの+Jはびっくりするほどひどかった。え…女性向けはあんなに素敵なのに…。男性用は何一ついいのがない…。

 心斎橋から難波方面へ南下、H&Mをひやかして更に南下。
 ご飯目的で無印良品へ。エスカレーターで地下のMealMUJIへ。
 で、そのエスカレーターの降り口近くのテーブルに、ちょっとオーラのあるお洒落な女性がおりました。
 髪の毛を綺麗に一つにまとめてて、すらっとした40代のひとで、なんか西村しのぶっぽい。
 レジで注文する前に「なんかあの人西村しのぶっぽいねー」とダンナに話しかけたら「やっぱそう思う!?」とダンナも気になっていたらしい。

 ダンナは西村しのぶの漫画が大好きで、本当に好きで、これでもかというほど影響を受けまくっています。
 月刊ニュータイプというバリバリのオタくさいアニメ雑誌でなぜか連載があって、しかも内容は全然アニメに関係が無い「こんな服買った」「こんな靴買った」「シャネルのショーに行った」「スキーに行った」「石けんシャンプー始めました」みたいな、なんでニュータイプに?っていうものばっか。
 バリバリのキモオタでニュータイプ読者だった若きダンナは、その連載によってキモオタの道から救われたのですよ。
 その連載以外の作品もダンナは大好きで、私とダンナが付き合い始めたときに「この漫画面白いよ」と西村作品を貸してくれたりもしました。
 そのときに貸してくれたのが『ライン』。ゆるーく甘い感じの恋愛の話だったので(なにしろ連載が『KISS』なので)、恋愛ものがぴんとこない私には「ふーん…」という感じだったのだけど、『アルコール』という作品でガッと心を捕まれました。

ライン(4) (ワイドKC)ライン(4) (ワイドKC)
(2008/06/13)
西村 しのぶ

商品詳細を見る

アルコール 3 (YOUNG YOUコミックス)アルコール 3 (YOUNG YOUコミックス)
(2009/09/18)
西村 しのぶ

商品詳細を見る



 そんな大好きな西村しのぶっぽい人が居るけど、あれ本人かしら!?大阪在住だから本人でもおかしくないよね?とそわそわしつつご飯を注文。私はリニューアルしたカレー、ダンナは新メニューのサラダ丼みたいなやつ。
 「カレー、前のほうが美味かった…」「正直、これ、まずい…。つーか竹の子入ってるよ!気付かずに食っちゃったかも!(アレルギーです)」などと言いながらお互い完食。(たけのこは私が食べた)
 食べ終わってもそわそわ。
 あれ、本人だよ、絶対。話しかけちゃえよ。聞いてきなよ、西村しのぶさんですかって、本人だったら、こんな機会もうないよ!作品大好きです、楽しみにしてます、って言えばいいじゃん!とダンナに言い続けてたら、「よし、じゃあ、聞いてみる!」と覚悟を決めたのだけど、なんかすっごいオロオロしてる。
 人前で話すこととか超ヨユー、50人に5時間講師してって頼まれてもサラリとこなせちゃう、会社の偉い人と話すときも全然緊張なんかしないよ、ってタイプのダンナが、珍しくナーバスに。
 ほら行けよ!ついていってあげるから!ここで行かなかったら後悔するよ!とケツを叩いたらようやく動きだしたのだけど、西村しのぶ(らしき人)の横を素通り。
 お前、何やってんだよー!と小声で聞いたら、「だってお友達(らしき人)と話してる…。『芸術ってさー』って話しだしたの聞こえた…」と超弱気。珍しい…。
 会話なんて多分途切れないよ?いいから行けよ。絶対後悔するよ、と再び言ってみたらようやく腹をくくって突撃。ご本人でした!

 そんなに顔出しが多い作家でもないし、私たち以外に気付いてる人は居なかったので、「西村しのぶ先生でいらっしゃいますか」とダンナに声をかけられた画伯はちょっと動揺しておられました。
 「もう一人、友達が来るのを待ってるんで、何も頼んでなくて…」と恥ずかしがっておられた。マジでテーブルに何もありませんでした。
 ずっとファンです!単行本全部持ってます!応援してます!って言えた(ダンナが)。
 お近くに住んでるんですか?と聞かれたので、はい、と答えたら、じゃあまた見かけられることもあるでしょうね、お声かけてくださいね、と言っていただけました。

 もう、帰り道、ダンナが浮かれまくりでしたよ。憧れの人に会えた!って。
 自前の方向音痴も相まって、道が一切わからなくなってました。
 家に帰ってもニヤニヤしっぱなし。
 キモオタから救ってくれて感謝してるって言えばよかったー!お手紙書くー!と言っています。

 西村しのぶに遭えたのも私の妖精力のおかげですよ、みたいに恩を売ろうとしたのだけど、
「ヨメがアリスコラボ欲しがらなかったら会えてなかったよね。
 でもそれ欲しがるきっかけ作ったのは俺の靴下じゃん!
 だから今回は自分で出会うきっかけ作った!」
みたいなことを言い出したので、

私「そうだねー、でもすた丼食べてたら会えなかったよねー」
ダンナ「…危な!なんだよ!すた丼て!」
私「私がすた丼を拒否したおかげですね」
ダンナ「そうですね…」

というわけで相変わらずの妖精力のおかげということになりました。

-----

 画伯の漫画は出てくる女子が皆でかい。
 170センチが平均身長くらいのでかさです。
 ご本人も背が高いということをよく漫画のあとがきやらエッセイ漫画で描かれていたので、どんだけでかいんだ?175くらいか?と思っていたら、思っていたほどでかくなかった。
 私と同じくらい?それが今回すごくびっくりでした。

-----

 昨日はお昼に用事があって、警察病院の前を通りました。
 病院の前を通り過ぎたときに「西村しのぶが右肩折ったとき、ここの病院来てたんだよな~。警察病院から丘を下って徒歩15分に住んでるらしいし、結構ご近所かも。偶然会ったりするかも~」なんてことをマジで考えてたのですよ。
 そういうわけで妖精力すごい。わたしすごい。

-----

 ちなみにダンナの緊張した出来事ランキングは

1位 私に告ったとき
2位 西村しのぶに話しかけたとき ←New!
3位 プロポーズ

 プロポーズ抜きました。
 「娘さんをください!」イベントもヨユーで抜きました。
関連記事

[2010/04/08 18:10] オタヨメ日記 | トラックバック(-) | コメント(4)

むに

まじですか???
うらやますぃ・・・私も画伯にお会いしたいです
やっぱり素敵な方だったんですね
私もお会いしたらわかるでしょうか・・・・
とにかくうらやまし~の一言です

そして、分かったお二人もすばらしい!!!!
[2010/04/23 19:28] - [ 編集 ]

Re: むに

まじです。
おしゃれで、なんというかオーラ(?)っていうのか、なんかこう空気がちょっと違うみたいな…雰囲気があったのでわかりました!
きっとわかると思いますよ。
あとびっくりしたことですけど、顔が小さかったです。

>分かったお二人も

でもご飯食べてる間頭の中でずーっと「本人かな、本人かも、本人だわ!あ、でも違うかも…」というのを延々繰り返してました。
[2010/04/23 19:54] YOME [ 編集 ]

むに

レス、ありがとうございます
本当に近くに住んでられるんですね

警察病院!!なんか漫画の舞台に住んでいるような気分になります(笑)
遠くに住んでいるのですが(以前は兵庫県民でした)
近くに行ったらうろうろしてみるべきですねっ
心斎橋ももちろんですが・・・

私もプロポーズを抜く勢いの緊張をしてみたいです!!

[2010/04/26 10:05] - [ 編集 ]

Re: むに

本当に近くです。
何しろダンナが自転車でコケて眉尻から流血したときは、頭打ってるし心配だからと警察病院に駆け込みました。

そうそう、確認していないので不確定なのですが、夏に四ツ橋~心斎橋を歩いているときに画伯っぽい人をみかけたことがあります。
画伯っぽい人はサングラスでママチャリだったので、一瞬「あ…あれ…」と思いつつもすれ違うことしかできなかったんですが(自転車だしな…)、ずーっと頭に残っています。

もし大阪に遊びに来るのなら、「ミギカタノートに載ってたお店ツアー」っていうのも、楽しいかもしれないですね。
[2010/04/27 18:30] YOME [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。